天峰建設の強み

STRENGTH

天峰建設の
強み

01

匠の技

Craftsmanship

伝統工法を駆使し現代に昇華
洗練された豊富な選択肢

現代建築やモダン建築など、最先端のテクノロジーやデザイン、設備などに、宮大工ならではの技術を融合させた
高品質な家づくりをご提案いたします。
「継手」や「仕口」の技術を駆使し、天井部を彩る丸太梁、入手が難しい希少な国産材を
使用した存在感たっぷりの大黒柱など、美しく洗練された様々なデザインの選択肢があるのも宮大工ならではのポイントです。

  • 緻密さと力強さを併せ持ち
    経年変化で磨かれていく美しさを楽しむ

    日本の伝統建築の特筆すべき点として、その美しさは世界的に非常に高い評価を受けています。豪華さや華やかさが注目されがちですが、建物の構造はもちろん木の癖や曲がり方などを熟知し未来を見据えた上で緻密に計算され、正確に加工された各部材、美しい曲線の反り屋根、六角堂や八角堂など多角形の建物など、強さと美しさを兼ね備えた高難易度の技術が凝縮されています。
    また、工業製品では感じることのできない、上質の天然木材ならではの色合いや収縮などの経年変化を楽しむことができるのも大きな魅力の一つです。木材が生きているからこそ育て磨いていくことのできる美しさや、大切な家族と生活していく上で付いた傷も素敵な味わいとして深めていくことができます。

耐震等級3の耐震性能
断熱施工・気密施工
卓越した木材加工技能

構造計算上で耐震等級3の数値がでていても、現場での施工がいい加減では計算通りの建物は建ちません。在来工法の建物は大工の技術力と理解力が、とても大事になります。
天峰建設の宮大工であれば長年にわたり寺社建築で培った構造理解力技術力を住宅に活かすことで、より質の高い耐震性能を兼ね備えた住まいを提供します。
高気密高断熱住宅で数値通りの気密性能、断熱性能を出すには施工力が必要です。施工を丁寧にすることで性能はより良くなります。繊細な仕事を求められる宮大工であれば高性能な高気密高断熱住宅を提供します。木材に触れ、木材を加工していなければ良さを引き出すことはできません。
木材を扱う宮大工であれば木材を見極め適材適所に扱い木の良さを最大限引き出し、宮大工の木材加工技術でお客様のご要望にお応えします。

天峰建設の
強み

02

強さ

STRONG

日本ならではの環境に対応する
耐久性能や堅牢性

宮大工の緻密な技術を駆使して作られた寺社建築は、耐久性に優れているというのが大きな特徴の一つです。
風水害や地震が頻発する日本の歴史を耐えながら、数百年経ってもびくともしない堅牢性を持ち、
現存する建物が当たり前のように数多く存在しているのはご存知の通りです。
天峰建設では、宮大工ならではの技術である「木割り(きわり)」「規矩術(きくじゅつ)」などの寺社建築ならではの建築方法、
大断面の「継手」や「仕口」を作り出す技術を駆使して構造材を組み合わせる事で、どっしりとした耐久性に優れ、丈夫で長持ちする家を建築します。

  • 繰り返しの地震にも
    耐えられる構造(耐震等級3)を実現

    日本の伝統建築の特筆すべき点として、その美しさは世界的に非常に高い評価を受けています。豪華さや華やかさが注目されがちですが、建物の構造はもちろん木の癖や曲がり方などを熟知し未来を見据えた上で緻密に計算され、正確に加工された各部材、美しい曲線の反り屋根、六角堂や八角堂など多角形の建物など、強さと美しさを兼ね備えた高難易度の技術が凝縮されています。
    また、工業製品では感じることのできない、上質の天然木材ならではの色合いや収縮などの経年変化を楽しむことができるのも大きな魅力の一つです。木材が生きているからこそ育て磨いていくことのできる美しさや、大切な家族と生活していく上で付いた傷も素敵な味わいとして深めていくことができます。

  • 南海トラフでM8~9クラスの地震が発生する確率は50年以内に90%程度、30年以内に70~80%といわれています。構造に不安な家を建てると、いつ起こるかわからない地震に怯えなら生活することになります。幸せな生活を送るためには地震に強い「安全安心な住まい」が必要です。
    耐震等級3の家は熊本地震で安全が証明されています。

    【熊本地震による耐震等級3の調査結果】
    住宅性能表示による耐震等級3の住宅は新耐震基準の1.5倍の壁量が確保されており、これに該当するものは大きな損傷が見られず大部分が無被害でした。

天峰建設の
強み

03

機能性

COMFORTABLE

夏は涼しく、冬は暖かい。
高温多湿の日本に最適な呼吸する住まい

長く住む家だからこそ、快適性や機能性を欠かすことはできません。千年以上に渡って日本で培われてきた宮大工の建築技法には、
日本の高温多湿な環境の中で快適に過ごすために、気候や地形を熟知した先人の知恵やノウハウが凝縮されています。
国産の良質な天然木材を見極め、構造材や床、壁の仕上がりに使用することで、木材を呼吸させ家の中の湿度を一定に保つことができるのです。
また、木材は鉄に比べて約20 0 倍熱を伝えにくいという検証結果が出ており、夏は涼しく、冬暖かいという木材の性質と、
現代の断熱性能や技術を融合させ、コストパフォーマンスに優れた居心地の良い空間を実現します。
無垢材や壁の漆喰壁など、自然素材を用いることでシックハウス症候群などから大切な家族を守ることができるのも大きなポイントです。

  • 木と触れ合い、木の心地よさを感じる
    生活の喜びを

    良質な国産材は、家の機能としての役割を担うだけではありません。
    床材に適した木材は、適度な弾力を保つため足の疲れを軽減してくれます。心地よい木の香りは、リラクゼーション効果をもたらし、安らぎを与えます。金属やコンクリートと違って触れても肌の熱を奪わず、柔らかい温もりで包みます。
    木を知り尽くした宮大工だからこそ、日本人ならではの趣や情緒を併せ持った、木と暮らす快適な住まいづくりを実現します。

高気密高断熱
C値1以下UA値0.56以下
樹脂窓サッシで暑さ寒さの解消
空調効率UPでコストダウン

「夏に涼しく冬に暖かく」過ごすには、家の高気密高断熱化は絶対条件です。高気密にすることで暑い外気や冷たい外気の侵入を防ぎ、高断熱にすることで室内の温度を一定に保ちます。
高断熱化を図る場合、熱が逃げやすい部位から性能を高めていくことが必要です。
特に熱損失が大きいのが窓です。窓からの熱損失は48%と家のなかで最も高く窓の高性能化は最優先すべきです。
「樹脂窓サッシ」はアルミサッシに比べて熱伝導率が約1000倍も異なります。冬場の窓の結露も樹脂窓サッシにすることで解消できカビの原因を防ぎます。
家を高性能化することにより、エアコンの効率がよくなり暖房負荷や冷房負荷を小さくすることで光熱費を抑えることができ経済的に暮らすことができます。

天峰建設の
強み

04

フルオーダーメイド

Custommade

フルオーダーメイドで叶える
お客様のご要望やこだわり

家づくりは一生に一度の重要なご決断だからこそ、お客様やご家族のこだわりや想いをたっぷりと詰め込んだ理想を叶えたいもの。
それは使い勝手だったり、デザインだったり、趣味の空間だったりと、具体的なものから漠然としたイメージまで人それぞれ。
天峰建設の家づくりには、決まったパッケージやプランがありません。
外観はもちろん、間取りや内装、使用する素材や設備など、丁寧にヒアリングを重ね、
予算も加味しながら設計士や宮大工がお客様と二人三脚で形にしていきます。

  • 純日本建築から
    スタイリッシュな和風モダンまで

    宮大工というと、寺社建築のような建物を想像されるかもしれませんが、外観から内装に至るまでお客様のあらゆるご要望やデザインに対応することが可能です。伝統工法や技術を駆使した上で、純日本家屋はもちろん現代風にアレンジしたスタイリッシュな和風モダン建築までお任せください。
    最初は漠然としたイメージでも構いません。どんな家にしたいかということを丁寧にヒアリングさせていただき、豊富な実績やノウハウを駆使して、あらゆる提案をさせていただくことが可能です。
    ずっと使い続ける大切な家だからこそ、住まう方のそれぞれの用途に合わせ、将来を意識した後悔や妥協のない家づくりを実現いたします。

夏の日射遮蔽と冬の陽当たり
省エネルギー住宅

注文住宅であるからこそ、家を建てる場所、家族構成や環境に合わせた最適な家づくりをゼロから始めることができます。一生に一度の家づくりだからこそ、長く住まう上で最も重要な要素である、快適な住環境を確保する必要があります。
例えば、近隣の家の配置を考慮した上で、建物の向きや形などを設計し家族が集まるリビングをもっとも陽当たりのいい場所に配置したり、夏の日射しが入りにくいように、軒を出したりアウターシェードなどの外付ブラインドを付けるなど、それぞれのお客様の環境や場所に合わせたプランニングを行うことはとても重要です。
さらに、高気密高断熱の設計により空調効率を最大し電気代や燃料代などのランニングコストを大きく下げることが可能になります。

天峰建設の
強み

05

良質な木材

WOOD

木材を見極め活かす目利き力と、
厳選した良質な国産木材のストック

熟練の宮大工が得意とするのが、木材の良し悪しや性質を読み取る目利きです。
工業製品のように品質が一定ではない木材の曲がり方や強度などを見極め、適材適所に扱うことにより木材本来の強みを活かすことが可能になります。
また、天峰建設では専用の木材保管場にて、長年に渡り厳選した良質な国産木材を蓄えており、
地元の天竜杉や吉野檜、木曽檜などの希少なブランド品をはじめ、樹齢150 年を超える入手困難な木材など、あらゆるご要望に応じることが可能です。

優れた断熱保温性
自然の調湿機能
軽量かつ剛健な強度

優良な木材には住まいに使うことで大きなメリットをもたらしてくれます。木材の細胞内にある空気により、熱伝導率が低く熱を伝えにくくしているため、夏でも冬でも快適に過ごすことができます。
また、室内を適度な湿度に保つ調湿機能があるため、梅雨の時期には室内の湿気を吸い込み湿度を下げ、冬には吸い込んだ湿気を吐きだし室内の乾燥を防ぐ役割を果たすなど、高温多湿の日本に最適な材料であると言えるのです。そして木材には軽くて強いという特徴があります。材料は重くなるほど強度が高くなる傾向があるので、同じ大きさならコンクリートや鉄は木材よりも高い強度を有しますが、同じ重さで比べると木材の強度はコンクリートや鉄に勝ります。
コンクリートや鉄で建物を造ったとしたら相当な重さになり、それを支える柱や基礎もかなりの強度が必要になりますが、木造建築は重さを軽減できるのため、支持部材にかかる負担が減り、その分コストも抑えることが可能になります。    

見積もり・プランニング無料

電話や訪問などの営業は一切致しません。お気軽にご相談ください。

〒437-0057 静岡県袋井市横井115-3
【本社】静岡県磐田市鎌田2262-86
【浅羽工場】静岡県袋井市中807

建設業許可 静岡県知事許可 特29 22629号
一級建築士事務所登録 静岡県知事登録 第7631号

個人情報保護方針について

Copyright © 天峰建設 . All rights reserved